めぐる季節の風のように。。。里山の風花blog

◇ リンクフリー

  • 当ブログの掲載写真はご自由にご利用下さい。
                               

« ドウダンツツジ | トップページ | キク »

2011年11月28日 (月)

セイタカアワダチソウ

  全国津々浦々の道端や空き地、土手に広がり繁殖した外来種の代表格の一つです。山裾の休耕田に生えるセイタカアワダチソウです。花粉症を引き起こすブタクサのように間違われて嫌われる感がありますが養蜂に寄与しているそうです。チガヤの白い穂と黄色のコラボです。この時期枯れ草色の中であちこちで目立つ色です。

                      セイタカアワダチソウ  キク科の多年草  北アメリカ原産

Img_3729

Img_3737

Img_3738_2

Img_3748_2

Img_3742_3

Img_3744_4

                2011/11   撮影地  飯綱町  平出

Img_3759

          桃とリンゴの果樹園とゴルフコースの先に見える飯綱山

 

最後までご覧くださいまして有りがとうございます。野の花がいつでもお待ちしています。

 

優しい野の花が貴方の心にも咲きますように

 

里山通信風の中読者の皆様いつもごお立ち寄り有り難うございます。これからもより楽しめる記事の発信に努めます。

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村

« ドウダンツツジ | トップページ | キク »

散歩コースの花」カテゴリの記事

コメント

(*゜ロ゜)ノミ☆【おはようございます♪】

セイタカアワダチソウ^まだ咲いていますよね
昨日も見かけました
でも紅葉が終わり寂しい風景に成りましたね
今度は雪景色ですね。。

雪国信州ならではの写真が発信できる
と思えば何のことは。(やせ我慢)think
マーガレットさんの可愛いプリザのお花に
期待しましょう。(*^-^)

チガヤにも思い出があります。
子供の頃、この穂を良く食べました。ツバナと呼び噛むと甘いです。
今考えると身近な草や木は遊びの道具であり、薬であり、食べものだったんですね。
昔を思い出せば、食糧難になっても生きていけそうです。
フユイチゴを採りにいかなくては^_^;

私も同じでした。
春の暖かい風が吹くようになると
田畑の土手で遊びツバナやスイバを良く食べました。
アサツキを鳴らしたり継いで水遊びをしたり。
何も無い時代で遊びもおやつも自然の中でした。
フユイチゴいいですね!鳥さんに先を越されないように。bleah

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1514739/43170084

この記事へのトラックバック一覧です: セイタカアワダチソウ:

« ドウダンツツジ | トップページ | キク »

フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ