めぐる季節の風のように。。。里山の風花blog

◇ リンクフリー

  • 当ブログの掲載写真はご自由にご利用下さい。
                               

« オダマキの道 | トップページ | エビネ »

2013年5月27日 (月)

ユキツバキと苗名滝

 定休日の昨日は妙高山と黒姫山の間を流れる関川にある苗名滝(なえなたき)に遊んだ雪融けの水を集め水量を増した今ごろが迫力があります。谷間には雪に耐え咲いた雪椿が彩りを添えていました。

       いつもの北の窓から見える妙高山の左下の裾野を関川が流れます

Img_0350_2

               苗名滝

Img_0361

 対岸の巨岩に江戸時代の俳人 信濃町柏原生まれの一茶の句が刻まれていました

Img_0363

            ユキツバキ  日本海側の多雪地に多い椿で新潟県の県木です

Img_0355

Img_0359

          鏡池と戸隠山  帰路は黒姫~戸隠高原の新緑を楽しみました。

Img_0373_3

 

              2013/05/26     撮影地  新潟県妙高市

↓ご訪問ありがとうございます明日もポチッと応援ありがとう。

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村

« オダマキの道 | トップページ | エビネ »

野の花」カテゴリの記事

コメント

一茶
「しぶき」と「けぶり」を使い分けますね
花の雲は「しぶき」では現れませんね・・・
またひとつ日本語の使い方を覚えましたヽ(´▽`)/

迫力のある滝ですね!
滝の音に他の音は全てかき消され、
音がしているのに静寂を感じる空間が
好きです。
鬼無里の裾花自然園は素晴らしかったです。

waniさん こんばんは

ガキのころは煙のことをけぶりと言ってただす短縮でけぶとも言いました
滝の水煙を花の雲と詠む一茶は凡人にあらずですね
滝けぶりの句文に目が留り感心を抱くwさんもですね

イナさん  こんばんは

この滝別名を地震滝と言います。
吊り橋を二本渡り足元が揺れて音など気にならなかった
小心者です滝の音してたかな?

ミズバショウはまだ見れたのでしょうか
楽しまれて何よりです。

おはようございます。
25~27日まで妙高・戸隠にいたんですよ。
苗名の滝にも行く予定だったのですが、都合で行けませんでした。
もし行ってたらお会いしてたかもしれませんね。

ソングバードさん おはようございます

そうでしたか恒例の春の遠征でこちらに
戸隠の小鳥の森は車であふれていましたね。
沢山の小鳥に会えたことでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユキツバキと苗名滝:

« オダマキの道 | トップページ | エビネ »

フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ